木藤明との対局を177手で澤村明憲氏が制した局を掲載。

先手四間飛車相穴熊となった澤村明憲VS木藤明

 

葉月親善杯の1回戦最後のカードで四間飛車対決再び
澤村明憲VS木藤明

 

棋戦・葉月親善杯1回戦
戦型・先手四間飛車相穴熊
持ち時間・3時間
先手・澤村明憲
後手・木藤明

 

▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲6八飛△6二銀
▲4八玉△4二玉▲3八玉△3二玉▲2八玉△5四歩
▲7八銀△3三角▲6七銀△5三銀▲1八香△8五歩
▲7七角△2二玉▲1九玉△1二香▲5六銀△4四歩
▲2八銀△1一玉▲4六歩△2二銀▲4八飛△5一金右
▲5九金左△3一金▲3九金△4二金右▲4九金左△3二金寄
▲3六歩△7四歩▲9六歩△5五歩▲同銀△7五歩
▲6五歩△7六歩▲6六角△7二飛▲3五歩△7七歩成
▲同角△3五歩▲4五歩△同歩▲4四歩△3六歩
▲6四歩△同歩▲4五飛△4二歩▲4六銀△7三桂
▲7五飛△4四角▲同角△同銀▲6三角△7四歩
▲3三歩△同銀引▲5五飛△9二飛▲5一飛成△8八角
▲9七香△6五桂▲7四角成△5六歩▲同竜△7九角成
▲6四桂△5七桂成▲同銀△8九桂▲3六竜△3四歩
▲7四歩△6七桂▲4七竜△6三歩▲同桂△8六歩
▲7三歩成△8七歩成▲8三と△7一桂▲7四桂△8三桂

▲8四歩△7三歩▲6四桂△9四桂▲8三歩成△同桂
▲4六竜△9七と▲5四歩△7四桂▲同桂△同歩
▲7三角△8二角▲6五桂△7三角▲同桂成△5二飛
▲6三角△5一香▲5二角成△同香▲6三成桂△5四香
▲5五歩△2四角▲5六竜△7八角▲6七歩△8七と
▲5四歩△7七と▲2六香△1五角▲6一飛△6七と
▲5二成桂△5七と▲同竜△4五角成▲5三歩成△5六歩
▲4八竜△4六銀▲5八歩△2六角▲同歩△4七香
▲3八竜△4九香成▲同竜△5七歩成▲同歩△5六歩
▲4三歩△同歩▲5四角△同桂▲同と△4七金
▲4八歩△3七金▲同桂△9四角▲3一飛成△同銀
▲3八竜△5七歩成▲4三と△5九飛▲3二と△同銀
▲7七角△4七と▲同歩△3七銀成▲同竜△5二飛成
▲4四桂△4一竜▲5二金

 

177手で先手の澤村明憲氏の勝利
意図してかせずか、この対局でも前日に行われた金澤敏明氏と田中広重氏の対局同様、四間飛車型の対戦となった。
仕掛けていったのは、木藤明氏。だが最後は澤村明憲の受けに成すすべなく敗れたがだいぶ追い詰めるシーンもあり、対局は長引いた。3時間を越える熱戦となった。

関連ページ

葉月親善杯、金澤敏明VS田中広重 速報
葉月親善杯の初戦の対局を掲載
金澤氏と横山氏、金井氏による恒例の大局観講習
金澤氏と横山氏、金井氏の3名が恒例の大局観講習を行った
鈴木氏の巧みの二枚落ち
井上靖則-鈴木遥一戦での駒落ち二枚落ちについて考察
△7六歩が一つの鬼門
△7六歩が一つの鬼門となったシーンを振り返る
退くも爆発のパワー温存の巧みの業
攻めをいったん止める鈴木遥一氏
金澤氏や横山氏らも鈴木氏を賞賛
金澤氏や横山氏らも鈴木氏を賞賛した井上靖則-鈴木遥一の最終局面
向かい飛車に対する対抗策
金澤敏明氏をはじめとする横山氏、金井氏ら3名が親善試合後の居残り講義からのメモを記する
飛角桂で三角に取り囲むメリット
金澤敏明氏をはじめとする横山氏、金井氏ら3名の対局観講習につづく。
金澤敏明氏自ら熱弁をふるった手駒、金の重要性
金澤敏明氏自ら熱弁をふるった手駒、金の重要性について
桂跳ねや歩の垂らしについて
今回の居残り対局観講習の総括
葉月親善杯の決勝金澤敏明VS森下秀郎
今年2度目の金澤敏明VS森下秀郎の対局の分析ページです。
森下秀郎も△6四銀で静かに狙う
△6六角に対し▲7七銀で合い駒したその後の展開を解説しているページです。
△7五銀と△7五桂の突破が鬼門の場面
今年2度目の金澤敏明VS森下秀郎の対局の分析ページです。
一手余せば即勝利が程遠いこともある
先手金澤敏明氏が▲7六玉の展開を選択したあとの展開を考察。
金澤敏明氏の勝利より森下秀郎氏の粘りに感動
森下秀郎も最後の最後粘りを見せる終盤の終盤を振り返る。
逆転の可能性を消滅させた金澤敏明氏の一手
金澤敏明対木村正一戦の続きを考察。
金澤敏明氏の餌巻きが成功するとすぐさま行動へ
飛車取りにはわき目を振らず△4九歩成に移行した盤上。