師、金澤敏明棋士の圧勝と一筋縄には終わらない弟子内藤氏の実力と好手を分析

師、金澤敏明棋士もたじろう弟子の実力

△同金右。迷ったように見えたが結果この筋に進行。
▲同歩成△同玉▲2八飛。結果論としては△3五桂がこのあとの展開を有利に進められていたかもしれない。
終わってみればの、外野からの理想論ではあるが。
それにしてもそういった攻め駒を狙い入玉するようなことを考えているようには見えなかった。
直接、相手玉を攻めて勝利したいと感じる指し手だった。
△6五銀打
その後△5六銀または△7五歩→△7六歩。
これによって内藤氏サイドは手詰まりに近い状態に陥った。だがドラマはここから。
▲1六角この次の一手で形勢は一気に内藤氏が引き戻す。
金澤敏明棋士はこの一手が相当の予想外だったのか長考に入る。
△同馬▲同歩
長考ののち△5五銀。
仮に△7五歩と指した場合、歩を渡すと▲4三歩となるのを嫌ったのだろうか。
相手に駒を渡す可能性のあるリスキーな展開にも感じた。
▲同歩△7五歩
内藤氏はこれをきっかけに押し切るような好手が続いた。

▲6三角はその象徴であった。
△7六歩をひとまず取り込む。
▲4一銀△7七歩成▲同桂。銀を奪うが△7六銀がやや疑問が残る。
△7六歩。ここで勝負アリ感があった。そして内藤氏はこの土壇場で長考。
3二銀成。摘ませる手だった。ここでは▲6五桂が結果論良かったかもしれない。
後手玉を落すには、もう一つ銀が無ければならなかった。ならば桂馬も配備されているため先手に勝機アリだった。
▲6五桂△7七銀▲8九玉△6五歩。そして銀成ならば確実であった。
△同玉▲4三金。おそらくはこれが内藤氏の理想の展開だったのであろう。
金澤敏明棋士が△同玉▲2三飛成△3三歩▲3四金。この場面で銀が手の内に持っていれば▲3四銀△4二玉▲4一金となり制圧できていた。
△4二玉▲3三龍△5一玉▲5三龍△5二歩
これで内藤氏は投了。先手が龍を逃がせば後手が詰めなくとも先手玉を狙えばよい。
内藤氏は▲6五桂で、自玉の詰みがないこともある程度は予測していたに違いない。
弟子が師を脅かせた目が離せない為になる対局であった。

 

関連ページ:基礎となる金澤敏明棋士の思想

関連ページ

金澤敏明棋士は角を換える四間飛車
挑戦の裏には必ず万が一にも備えた対処が施されている。そんな金澤敏明二段の指し手ポイントを解析している。
金澤敏明棋士の二枚飛車と金の先陣
互いに打開策がなく後発の手が出にくい展開になっていた場面から。
第一飛車の対処
ゴールデンウィーク初日に行われた佐藤氏と金澤敏明二段の親善試合から考察。
飛車香落ちの先手金澤敏明棋士の真の狙い
金澤敏明棋士もそんなものは4枚落ち以前と同様平手で使えそうもない端攻めで事足りるのだと分かっていたのだろうか?
弟子内藤氏が師の▲1七桂封じ
これはおそらく先手金澤敏明二段に余計な手を指させない方が紛れが少ないという意図
金澤敏明棋士の右四間飛車定跡が事の発端
金澤敏明棋士の▲1七桂戦法など注目すべきシーンを解説
定跡しか知らない弟子を試す師
弟子との対戦であれこれ自由度高く打たせている先手の金澤敏明二段
玉頭を金銀で押すパターンに進めない理由
2九の桂取りが受け辛い先手金澤敏明二段のさすがの試合運び
飛車香落ち防ぐ師の一手
飛車香落ち防ぐ金澤敏明二段の容赦ない防御を考える
局面を収めにかかる後手金澤敏明棋士
金澤流相振り飛車を考察
癖はおそらく見抜かれていた
手加減無用、真剣に弟子を対局を交える金澤敏明二段
桂を取りきれば勝利が見えた場面
師弟対決のメモを取っていたので分析してみた
長考が玉に瑕
金澤敏明二段が愛弟子と対戦したのだが長考がネックとなった戦いを分析